About Contact Bookとは?

Contact Book

Contact Book

Contact Book

Contact Book

Contact Book

contact book

介護事業におけるDX化
業務ソリューションアプリ

施設内における記録業務の負担軽減
施設利用者のご家族様とチャットや連絡帳をアプリ上で
時間・場所・デバイスを選ばずリアルタイムに
情報を伝えることができる連絡帳アプリです。

詳しいマニュアルはこちら

Point さまざまな施設での導入効果

記録業務にかかる大幅な時間の削減

01

記録業務に要する
時間と労力の大幅な削減

介護施設等の運営において、日々の必要な記録(業務日誌・介護記録・看護記録・機能訓練記録・連絡帳など)をスマホで簡単に入力ができ、同様の内容は、転記機能により記録に要する時間を大幅に削減できる事を実現!
削減できた時間をご利用者様と接する時間とするだけで、サービスの質の向上やご利用者様満足度の向上にも繋がり、稼働率の上昇への効果も期待されております。

時間・場所・デバイスを選ばず使いやすい

02

時間・場所・デバイスを選ばず
操作が簡単!

施設においては、各職員のお手持ちのデバイス(スマートフォン等)を使い、施設内どこに居ても随時、その場で即、入力ができ、事務所のパソコンの台数を気にせずに各職員が一斉に記録を入力することが出来る。
ご利用者様家族においては、ご利用者様の施設でのご利用状況を気にされ、知りたいと思っても居住地が遠方にある・仕事で忙しくて中々施設へ問い合わせるタイミングがみつからない・難しいと感じてらっしゃるご家族様には、アプリを通して施設から日々のご利用の様子や連絡事項等の通知が届きますので、時間や場所を選ばずに確認ができ、安心した見守り体制を確保することが出来ます。
導入によって、ご利用者様家族の安心感を提供できる事も導入施設のアピールできるサービスの一つと考えております。

記録業務にかかる大幅な時間の削減

03

書類の保管場所が必要なくなり、
空いたスペースを有効活用できる

介護施設の場合、介護保険法におかれましては、各ご利用者様の記録を5年間保管する義務が定められています。
その為、紙での保存を行っている施設様ではその書類の量は膨大になります。
更に、行政による監査や実地指導時に提示する為に書類を探す作業は、かなりの負担であることは想像に難くない。
Contact Bookでは、セキュリティ万全のクラウドにてデータ一元管理を行う事により、5年分の書類保管のスペースが不要になる上に、行政による実地指導等時に書類提示の求めがあった際に検索機能を使い即時に提示ができる為、書類を探したり、持ち運んだりの手間や負担を軽減することが可能です。

児童福祉施設や放課後デイサービスでも活躍が期待される

04

児童福祉施設や放課後デイサービス等の
介護以外の施設での活用も可能!

主に連絡帳機能が児童福祉施設や放課後デイサービス等の介護以外の施設での活用も可能です。
施設におかれましては、日々の施設で過ごす様子や身体状況等を保護者やご家族様へアプリを通して、即時に通知することができ、ご家族様におかれましては、お仕事中や買い物中など忙しい状況や場面を選ばずにチャットや連絡帳にて通知が届いている為、落ち着いたタイミングで確認や返信ができ、施設とご家族様の連絡が確実でスムーズになる為、とても安心できる機能であり、様々な場所でご活用が期待できます。

Function 主な機能

  • 連絡帳機能

    連絡帳機能

    スマホで楽々記録ができ、遠方にお住いのご家族様にも確実にご利用状況を伝えることが出来る。

  • チャット機能

    チャット機能

    施設と家族間のやり取りを確実且つ、スムーズに行う事を可能とし、双方向コミュニケーションを実現。繋がらない電話のやり取りが無くなり、便利です。

  • 施設の記録保存機能

    施設の記録保存機能

    施設運営で必要な記録(業務⽇誌・介護記録・看護記録・機能訓練記録・運転⽇報等)の記録をPC/スマホから⼊⼒・保存ができる。

  • カレンダー機能

    カレンダー機能

    施設で行われる行事予定内容や詳細がご家族様もカレンダー内で確認できる。

  • 請求書機能

    請求書機能

    施設のご利用料金請求書をアプリ上でご家族様へ通知ができ、郵送が不要になり、事業所の経費節減に繋がる。

  • 日別利用者一覧機能

    日別利用者一覧機能

    ⽇ごとの記録すべきご利⽤者様の⼀覧表⽰ができ、⼆重⼊⼒等のミスを防ぎ、同時にご利⽤者様の⼊⼒を職員で⼿分けし易く、記録の時間も⼤幅に削減できる。

  • お知らせ機能

    お知らせ機能

    施設からのお知らせや連絡事項を各ご利用者ご家族様へ向けて一斉送信が可能!
    郵送の手間なく、郵送代も削減できます。

  • 施設内申し送り機能

    施設内申し送り機能

    施設の職員内で業務上の申し送り事項を各職員内で共有ができ、伝達漏れによるミスや事故を未然に防ぐことが出来る。

  • 自動入力機能

    自動入力機能

    基本設定でサービス予定状況を⼊⼒しておくと、サービスを受けた記録が出来上がっているシステムです。変更部分のみを記録訂正するだけでOK。

Case 導入事例

Case 012

3施設でご導入頂きました!

株式会社宮崎医福サービス様

3施設同時にご導入を頂きました!株式会社宮崎医福サービス様は、施設のDX化に対するお考えがしっかりされた企業様で、介護事業所のDX化で実現したい事として、第一にスタッフさん業務負担軽減と第二にご利用者ご家族様との情報共有のし易さやちょっとしたご連絡も確実にこなすことの重要性をサービスの質として捉えてらっしょる所です。そして第三にDX化によるペーパーレスや郵送費(切手代)などの経費削減効果を期待してのご導入でしたが、見事に第1~第3希望を満たした形となっております。最初の導入ハードルは、ご家族様へのご案内など決して低くはないですが、株式会社NEXT INNOVATIONとしましても、ご導入頂きました企業者様に対し、最大限のカスタマーサポートとサービスをご提供しておりますので、最初のご導入に際する手間は、一緒に解決のお手伝いをさせていただきますので、是非、お気軽にご導入頂ければと思います。初めの導入の手間さえ乗り越えてしまえば、後は確実に便利で日々の業務負担が解消されますので、まずは思い切ってDX化の世界に飛び込んでみて下さい。全国の介護施設でDX化を推し進めており、この波はもはや止める事は出来ないので、早くに始めるか?遅れを取るのか?だと思います。ご導入施設のDX化は、進み業務負担の軽減と経費削減が目に見えて効果を体感することが出来ております。皆様の施設でもDX化を試みてはいかがでしょうか?

Download 各種資料ダウンロード

詳しい内容は、製品説明資料又は、各種マニュアルでご確認いただけます。

Company
会社情報
Contact
お問い合わせ